OLでもカメラマンって務まるのか?

OLでもカメラマンって務まるのか?

女性カメラマンと男性カメラマン、どちらが有名な人が多いのかという男性カメラマンなのは間違いないです。

それは需要がないとかではなく純粋に昔のカメラマンは男社会だったので女性の活躍があまりありませんでした。

しかしそういう制約ももどんどんなくなり、今では女性カメラマンのほうが重宝される場面もあります。それはどういうことか説明していきます。

初心者でも安心☆
プロカメラマン養成講座公式HPへ☆

女性のカメラマンが求められるとき

写真撮影の内容によっては、カメラマンを男性に依頼するよりも女性に依頼したいケースがあると思います。

特に意識をしていなくても、女性の方が意図を組んだ写真が撮影しやすいケースもあります。そういうケースを紹介します。

女性向けサービスの写真

わかりやすいのはコスメやネイル・ヘアサロン・脱毛サロンなどのビューティー関連商材のプロモーションになりますね。

場所的に女性のほうが向いていますし、細かい要望などを察知やすいことが意図せずともあります。

他にもエステやリラクゼーションなど女性向けサービスの場合はそもそも男性をターゲットとしていないので、女性にどうすれば響くかということを考えます。そのため女性のほうが向いていると言われています。

モデルの感情的に女性カメラマンの方が望む場合

海水浴やプールなどにいるときに男性カメラマンに撮影されるのは恥ずかしいと思う方は多いと思います。

確かに女性が多めのプールなどで男性カメラマンが写真を撮っていたら違和感を持つ人はいるかもしれません。

そういう場合はそもそも男性のカメラマンが撮ることができないため、必然的に女性のカメラマンになります。

似たようなケースとしてはモデルが女性カメラマンを希望している場合も男性カメラマンは撮影することが難しくなってしまいます。

このように女性カメラマンに撮影してもらったほうが結果的に上手くいくということもあります。

スムーズに物事を運ぶようにするとき

中には写真を撮るときに男性は入れないという場所も存在します。女性専用のクラブとかそういうところですね。

そのようにビジネスの面からスムーズに進ませるために女性のカメラマンが適しているということもあります。

他にも警戒心をときやすいといったことから子供の撮影にも向いているかもしれません。

女性のカメラマンの活躍場所は無数

女性の方が望ましいと考えられるケースはたくさんあるため、どれが一概かとは言えません。

しかし、自分で有利な部分を見つければ独占的なカメラマンになれるかもしれません。

女性だからと言ってハンデはありませんよ。

初心者でも安心☆
プロカメラマン養成講座公式HPへ☆
TOPページを見る